借金ってどんなお金?ギャンブル依存症が必ず勘違いしてしまうこと。





ギャンブル依存症克服カウンセラーです。


あなたにとって借金したお金はどんなお金ですか?


私は以前、消費者金融5社と信販会社、銀行のクレジットカードの計7社から約400万の借金をしていました。


もちろん、ギャンブルで作った借金です。


なぜ、借金をしたかというと、
パチンコに負けて生活費やその他支払いが
できなかったからです。


どうしても支払わなければいけないのに、
お金がない。


そんなときは、何とか借入できるところを探し、次々と借入件数を増やしていきました。


必要なお金か5万円だったとしても、利用枠が20万円もらったら、残り15万円あります。


そんな時、
なぜか気持ちに余裕ができてしまいます。

貯金が増えたような感覚です。


新たに借金をしてしまった時の罪悪感は
あっという間に消え去ります。


これでしばらくは楽に暮らせるなぁという
安心感が生まれました。


利用可能額は借金できる金額ではなく、
自分のお金だという錯覚です。


そんな感覚なので、
そのお金はすぐにギャンブルに
消えていきました。


まだ、10万円残ってる。

まだ5万円残ってる。

まだ2万円あるから、これで勝負にいけるな。


そして、
利用枠いっぱいまで使い果たします。

それからやっと我に返ります。

毎月の返済額も増え、これからどうやって
生活していこうか絶望感の中で生活するのです。


私はこんな感じで猛スピードで
借金を増やしていきました。


もし、あなたが借金をしている場合、
借りたお金を自分の貯金のような感覚に
なっていないでしょうか?


借入をした目的は生活費やその他支払いのためですが、最終的にはギャンブルをするためのお金に変わります。


もし、まだ借金をしていないのであれば、
絶対借入するべきではありません。

どうしてもお金が必要だったとしても。

ギャンブルでお金が足りなくなってしまう。

そんな人が借金をしたら、
必ず私と同じ運命となります。


既に借金をしている場合は、
借金を自分が自由に使えるお金だと
勘違いしないことが重要です。


借金は返済するもの。


ギャンブルに使うお金ではありません!!

どうか、ギャンブルによって
借金を増やしませんように。。



0 件のコメント :

コメントを投稿